ソープ求人情報で確認するべき日払い・日給制度について

面接を受ける前にそのソープの日払い・日給制度をある程度把握しておけば、面接もスムーズも進むと思いますし、面接官からの印象も良くなると思います。 - 一般的なものでも高級イメージがあるソープの中でも高級店の求人情報について

一般的なものでも高級イメージがあるソープの中でも高級店の求人情報について

風俗専門の求人雑誌やインターネットの風俗求人サイトを見ているとソープランドの高級店みたいな言葉をよくみかけます。
今まで風俗の世界と無縁でこれから働こうと思っている女性は、実際にどういった場所なのか知らないと比較検討もできません。
今回は【風俗求人のソープ高級店ってどんなことなの】をテーマにお話したいと思います。

■ソープランドの高級店の特徴
従来は会員制をとっているところが多かったです。
一見さんで気軽に遊べるような雰囲気ではなくて、とても敷居が高い独特の雰囲気がありました。
入会の条件も厳しかったです。

年齢は30歳以上でないといけないとか、写真付の身分証明書を提示するとかありました。
ドレスコードもあってネクタイを締めてジャケットを着用しなければならない高級店もありました。
店員の面接を受けないと会員になれない店舗もあったのです。
また、以前のmixiのように他の会員からの紹介がなければ入会できないシステムのソープランド高級店もありました。

一般的なものでも高級イメージがあるソープの中でも高級店の求人情報について

■現在は比較的緩やかになり一見のお客さまでも入店できる高級店が主流になっているのは長引く不景気の影響からでしょう。
そんなご時世でも、老舗のソープランドは今でも会員制度をとっています。
店舗の装飾・デザイン・調度品もこっているソープランドが多いです。

滋賀県にある雄琴のソープランドは外観がとても豪華で驚きでした。
庶民にとっては手が届かない場所であることがスグに理解できるほど豪華絢爛だったのです。
内装も同じく贅沢な作りでバブルの名残が残っているところも多いです。

■まとめ
大半の風俗店では待合い室に置かれているのは漫画や一般的な男性週刊誌程度でしょう。
また、その風俗店と契約関係にある風俗情報雑誌が置かれていたりします。
ですが高級ソープランドでは違います。
男性の客層に応じて、高級ファッション専門の雑誌やゴルフ雑誌が書棚に並べられています。
プレイが終了したあとにご案内される部屋も、まあ普通の風俗店では用意していない高級なお酒が無料で提供されます。